敏感肌ってそもそも何?

敏感肌の正しいケアを考えるときは、そもそも敏感肌とは何か、
また他の肌質との違いは何なのかについて正しく理解しておく必要があります。

 

敏感肌は乾燥肌と密接な関係にあり、基本的には日常のケア不足やケア方法を間違えているため乾燥してしまいなってしまう、
もしくは生活習慣に問題があったり遺伝的な体質だったりといった要因からなってしまう、
ほんの少しの刺激要因からでも肌が傷んだり過敏な反応を起こしてしまう肌質のことを指しています。

 

最も敏感肌になりやすい肌質は(遺伝体質を除くと)、脂性肌ではなく乾燥肌です。

 

そのため、まず敏感肌の人は自分の肌が乾燥してしまっていないか、
またはその場合改善できそうなところがないかを考えて対策を打っていくことが改善への近道となります。

 

その場合、乾燥性敏感肌などと表現されたりもします。

 

正確な定義はありませんが、その場合には乾燥対策を行なうことが必要です。

 

ただし乾燥している場所はあくまで肌の表面(表皮)ではなく、
その奥にある角質層だということは意外と知られていない事実です。

 

角質層が乾燥し壊れている(機能していない)状態だと、
肌のバリア機能が働かないため外部からの刺激が直接内部に侵入してきてしまうため影響を受けやすくなり、
そういった些細な刺激に対して肌が敏感になってしまいます。

 

これが、敏感肌の基本的な仕組みと特徴です。

敏感肌はセラミドが不足しているから?

先述で、角質層が敏感肌を理解する上で非常に重要だとお話をしましたが、
その角質層は細胞間脂質というものでできています。

 

その細胞間脂質の半分ほどを構成しているのがセラミドというもので、細胞間の隙間を埋めている重要な要素です。

 

これは本来であれば元々人間が持っているものですが、
様々な要因から減少してしまい、生成させるのが非常に難しいため必要であれば外部から採り入れる必要があります。

 

その要因としては、年齢を重ねたり乾燥する時期に入ったり、
その他環境要因などが挙げられるのでどうしても減ること自体を完全になくすことは出来ません。

 

セラミドが少ないことで水分をいくら補給しても、肌の水分を保持する能力が弱まってしまっているので乾燥しやすい状態になってしまうため、
出来れば採り入れていきたい成分です。

 

肌内部の水分は、肌表面の水分が蒸発していくのと一緒に蒸発していってしまいます。

 

これは、普通肌から乾燥肌になってしまった人だけでなく、
生まれつきアトピー性皮膚炎を持っている人にも同様に言えることで、
セラミドが少ないことでバリア機能を失ってしまっているケースが多いので、
それだけセラミドは美肌を目指す人にとっては重要な成分と言えるのです。

セラミドを補給できる化粧品の選び方

乾燥性敏感肌を解消する上で、セラミドが非常に重要な成分だという話は先でお話しした通りですが、
セラミドは水に溶けづらいという特徴があり、
しっかりとした高いノウハウがある研究所などでないと配合できないというなかなか手ごわい成分であるのが事実です。

 

単純にセラミドが入っていればそれだけで、それなりの改善が見込めるという優れものなので、
セラミド配合の記述があるものを選べば基本的には良い改善効果を見込むことができます。

 

そういった化粧品の中でも、セラミドによって角質層を改善してくれると共に、
表面のバリア機能をサポートしてくれるような製品を選ぶと良いでしょう。

 

アヤナスという製品を例に挙げると、
これは化粧品業界最大手のポーラ・オルビスのグループ子会社の研究所が開発したもので、当然セラミドを配合しています。

 

正確に言えば、もともと私たちが持っているセラミドと全く同構造のセラミドナノスフィアという成分を配合しており、
これを角質層までしっかりと浸透させるためにナノサイズまで分解してカプセル化することで、
肌につけると不足して乱れてしまったセラミドの配列にぴったりと入り込み整えてくれます。

 

そうすることで保水能力を取り戻すことができるわけですが、
同時に肌のバリア機能をアップさせてくれるので、外部からの刺激から強くなり、
水分が蒸発するのをとめてくれるというものです。

 

そういった機能がついているものを選ぶのが肌質改善に最も良いと思われます。

※スキンケア関連参考サイト

美白化粧品についてくわしく解説しているサイトです。
敏感肌の方でも使える美白化粧品も紹介されています。
美白美容液・人気と効果で選んだ厳選トップ5【美白ルーム】
http://xn--vekw00knjlhjitmlba.jp